バレンタインの人気チョコレート

【バレンタイン2019】今年の傾向は?注目のチョコブランドを総まとめ

2月14日のバレンタインデー。今年の一大イベントを盛り上げるため、2019年のバレンタインの傾向・トレンドとおすすめのチョコを徹底的にまとめました。本命の男性へチョコを渡して想いを伝えたい方や、友達・職場の仲間に義理チョコを渡そうと考えている方は必見です。

この記事を監修したプレゼントセレクター



今年注目のチョコはどれ?2019年のバレンタインの傾向とトレンドを徹底調査しました

バレンタインのチョコを渡す女子

2月14日のバレンタインデー。本命の男性へチョコを渡して想いを伝えたい方や、友達・職場の仲間に義理チョコを渡そうと考えている方、多いのではないでしょうか。

また、近年の傾向としてチョコに添えてギフトを贈る方も増えています。バレンタインがどんどんワクワクするイベントになってきましたよね!

そんな一大イベントを少しでも盛り上げるため、この記事では、2019年のバレンタインの傾向・トレンドと、注目のチョコのブランドを徹底的にまとめてみました。

「どうせ渡すなら、今年限定の新作チョコレートをプレゼントしたい」「トレンドに合ったギフトを贈りたい」という方は是非参考にしてください。

1000aki
はじめまして、プレゼントセレクターの1000akiです。

本命・義理に限らず、女性からチョコレートをもらえるのはやっぱり嬉しいものです。

「この記事を見れば2019年のバレンタインに詳しくなれる!」くらいの情報量になるように頑張ってまとめたので、楽しんでご覧いただけると嬉しいです!

まずは2019年のバレンタインデーの傾向をざっくりと解説

バレンタインのチョコを選ぶ

渡すお相手によって、チョコレートの値段が変わるのはシビアですが不可避な現実。

そんなチョコレートの1人あたりの平均予算を、本命、職場、義理とお相手別に見ていきましょう!

【本命・義理別】プレゼントするバレンタインチョコの平均予算・相場は?

バレンタインチョコの1人あたりの予算2019年版

本命→3,210円
職場→1,094円(上司・先輩後輩・同僚等)
友達→509円(クラスメイト・男友達等)
自分→2,303円

今回この記事を執筆するにあたり、当メディア「今すぐpresent」総出で街角アンケートを実施しました。

*同調査は渋谷・札幌の10代~40代の女性200人(学生/社会人それぞれ100人ずつ)を対象に実施。

本命(彼氏/旦那)に渡すバレンタインチョコの1人あたりの予算

1人あたりの平均予算は3,210円と結構高いことにびっくりしました。

百貨店に並ぶ本格ブランドのチョコや、通販のお取り寄せチョコをプレゼントする方が増えているようです。

また、チョコは市販で購入できるものにしておいて、チョコ以外のギフトを贈る予定という方も結構いました!特に10代~20代の若い女性に多かったです。

1000aki
ちなみに筆者がこれまでバレンタインデーにもらって嬉しかったチョコは、見た目が華やかな「惑星ショコラ」!

調べたら4,000円強ということで、ホワイトデーは張り切らせて頂きました…。

義理(職場/友達)に渡すバレンタインチョコの1人あたりの予算

義理チョコは500円~1,000円程と、まあまあ納得の平均予算。

ちなみに、職場の仲間に配る場合は、「同じ課や席が近い人にだけ」というケースが多いようです。

ちょっと面白い傾向だなと思ったのが、自分が食べたい高級チョコを買って、みんなでシェアしつつ自分も食べる方という複数人いらっしゃいました(笑)

1000aki
もらう側としても、チロルチョコやキットカットのようにお手軽で義理感満載のものの方が、ホワイトデーのことを意識しなくて済むので気がラクです。

傾向①Bean to Bar(ビーントゥバー)が2019年のバレンタインでは要注目

View this post on Instagram

Utopick Chocolatesさん(@utopick_chocolates)がシェアした投稿

専門店が続々と誕生するなど、今年注目を集めているのが「Bean to Bar(ビーントゥバー)」。

初めて聞いた方は「???」となるかもしれませんが、読んで字のごとく、カカオ豆(Bean)からチョコレートバー(Bar)になるまでを1つの工房で製造されたチョコのことです。

注目が集まっているのには「良質で健康的」「原材料が分かる安心感」などの魅力にあふれているから。その分価格帯は少し上がりますが、高級チョコとして受け入れられています。

恋人に贈る本命チョコだけでなく、自分へのご褒美チョコとして、今年も激アツであることが予想されます。

1000aki
業界大手のmeiji(明治)では、「Farm to Bar(農園管理にまで及ぶチョコ製造)」という言葉が掲げられているくらい、チョコ作りのハードルが毎年上がってきていますね。今後もこうした指向は拡大していきそうなので目が離せません!

傾向②今年も「インスタ映えするバレンタインチョコ」がテーマ!

View this post on Instagram

HENRI LE ROUX日本公式アカウントさん(@henri_le_roux_jp)がシェアした投稿

昨年から引き続き、今年も”インスタ映え”がテーマ。

各ブランド毎に、フォトジェニックなチョコを発表し、インスタで積極的にアピールしているのが目立ちます。

味だけでなく、チョコの見た目やボックスの豪華さが喜ばれるかのポイントになりそうです。

傾向③予約開始が早すぎ。12月から受付が始まったところも!

View this post on Instagram

デルレイさん(@delreyjapan)がシェアした投稿

平成最後のバレンタインということもあってか、今年は例年にも増して予約開始時期が早まっていました。

中には12月下旬から予約受付が始まっていたところも。

たしかに2月ギリギリに買うと売れ残りを買うハメになるので、早めに動くに越したことはありません。

今年はバレンタインチョコのみんなの平均予算も上がる予測がたっているみたいなので、皆さんも急ぎめでチェックしたほうが良いかも!

本命の相手(彼氏・旦那・上司)に贈りたい「2019年注目のチョコブランド」5選

本命の相手へ贈るチョコレートとなれば、本気を出したいところ。

今年話題になっている新作チョコや、鉄板で外さないブランドまでを厳選して5つご紹介しますね!

1.

「GODIVA(ゴディバ)」

View this post on Instagram

GODIVAさん(@godiva)がシェアした投稿

チョコレートに疎い男性でもその名は知っている、キングオブチョコレートの「GODIVA(ゴディバ)」。

彼氏や旦那さんに渡しても喜ばれるのはもちろん、上司に渡してもウケること間違いなしという鉄板中の鉄板です。

そんな高級チョコレートの草分け的存在のゴディバは、季節やイベントごとに変わる華やかなパッケージも魅力のひとつです。

GODIVA ゴディバ ベルジアン フェイバリットアソートメント

画像出典:https://www.godiva.co.jp

2019年限定パッケージも高級感があってかっこいい!

これだけ豪華なチョコレートを本命としてもらったら、「OK!」と言わざる終えません…。

1000aki
GODIVAを渡されたら「本命なのか?」と色々想像させられちゃいます(笑)
GODIVA ゴディバ ベルジアン フェイバリットアソートメント

2.

「PIERRE MARCOLINI(ピエール マルコリーニ)」

View this post on Instagram

Pierre Marcoliniさん(@pierremarcolini)がシェアした投稿

美味しいチョコレートを作るために、カカオ豆産地の開拓から焙煎と全ての工程を行っている「PIERRE MARCOLINI(ピエール マルコリーニ)」。

2015年にはベルギー王室の御用達に認定されるなど、折り紙つきのチョコレートブランドです。

本命として、彼氏や旦那さまなどの特別な方へプレゼントするにはもってこい。

PIERRE MARCOLINI バレンタイン セレクション

画像出典:https://store.c-c-c.co.jp

今年注目されているのは、季節限定の華やかなデザインが印象的なバレンタインセレクション。

ハートの缶を見ただけで、きっとあなたの想いが伝わります。本命にだからこそ渡せるチョコレートです!

1000aki
まさにトレンドのBean to Barということでご紹介。バラエティー豊かな9種類のチョコがおいしそう!
PIERRE MARCOLINI バレンタイン セレクション

3.

「L’eclat(レクラ)」

L’eclat レクラ 惑星ショコラ

画像出典:https://www.rihga.co.jp

もはやアート!とにかく見た目が美しすぎるレクラの惑星チョコ。

バレンタインデーに限らず、プレゼントでもらったレクラのチョコをSNSにアップする男子は多いです。

写真映えするだけならず記憶にも残ること間違いなし!センスの良いプレゼントとして喜ばれるはず。

1000aki
僕も彼女からプレゼントでいただきました!食べるのが勿体なかったのですが、どの惑星から食べるか彼女と話すのも楽しかったです(照)
L’eclat レクラ 惑星ショコラ

4.

「CACAO SAMPAKA(カカオサンパカ)」

View this post on Instagram

cacaosampaka_jpさん(@cacaosampaka_jp)がシェアした投稿

「CACAO SAMPAKA(カカオサンパカ)」は、スペインのバルセロナに本部を構える人気チョコレートブランド。

ひとつひとつ洗練された職人さんによって手作業でつくられていて、とにかくクオリティが高いんですよね。

本拠地スペインでは、王室御用達として認められています。

丸の内本店は、いつもおしゃれな女性で賑わっている印象。

CACAO SAMPAKA リベラ

画像出典:http://shop.cacaosampaka.jp

「美しさ」という点で捨て置きならぬのがカカオサンパカのリベラ。

宝石のようなフォルムはまさに”特別”の一言です!

フルーティーな味わいで、甘いものが苦手な男性でも食べやすいので、普段スーツなどをあまり食べない方へのプレゼントにもオススメです。

1000aki
甘いのがそこまで得意ではない僕でも美味しく頂けました!筆者はホワイトチョコが苦手だったりするのですが、渡す相手の好みも事前にリサーチしておくと完璧ですね。
CACAO SAMPAKA リベラ

5.

「bubo BARCELONA(ブボバルセロナ)」

View this post on Instagram

Bubó Barcelonaさん(@bubobarcelona)がシェアした投稿

世界一のチョコレートケーキとして認められた”シャビーナ(Xabina)”をはじめ、甘党を唸らす作品を次々と生み出し続けている「bubo BARCELONA(ブボバルセロナ)」。

スペインを代表する高級パティスリーで、2017年には日本の表参道にもお店がオープンしました。

世界中のチョコレートファンが虜になるくらいですから、もう美味しくないわけがないんです。

bubo BARCELONA ボンボンセレクシオン

画像出典:https://bubojapan.stores.jp

そんな超人気店からバレンタインチョコを選ぶなら、毎年話題になるボンボンセレクシオンがおすすめ。

四角形と八角形を組み合わせた箱は、良い意味でただならぬ雰囲気が醸し出されています。開ける前から特別感満載でインパクト大!

ずっと思い出に残ることは間違いなしです。肝心のチョコレートも勿論美味しく、口溶け滑らかでGoodです。

1000aki
ゆっくりお酒を飲みながら食べたいですね!東京近郊にお住まいの方なら、プレゼントした後に「今度一緒にお店行こう!」とデートに誘うのもアリ。
bubo BARCELONA ボンボンセレクシオン

義理チョコに!友達・職場の仲間が喜ぶ「2019年注目のチョコブランド」4選

周りはコンビニなどの市販チョコでサクっと済ませてしまう中、どうせならちょっとこだわって選んでみませんか?

本命よりも価格は抑えつつ、ちょっと差がつくチョコレート・ブランドをご紹介します!

1.

「Morozoff(モロゾフ)」

View this post on Instagram

モロゾフ(公式)さん(@morozoff_sp)がシェアした投稿

海外ブランドと誤解されがちですが、Morozoff(モロゾフ)は我らが日本で生まれた老舗ブランドです。

ちなみに、日本で最初にバレンタインチョコレートを販売したのもモロゾフだったと言われています。

モロゾフのチョコは、日本人に合う甘さ加減で、誰もが「美味しい!」と感じるような絶妙さが特徴的。

生地にこだわられていて、とろけるような舌触りも最高です。

Morozoff モロゾフ トリュフアソートメント

画像出典:https://shop.morozoff.co.jp

モロゾフのチョコはたくさん入っているのに安いという、まさにコスパ満点です。みんなでシェアスタイルの友チョコにはもってこい!

シンプルで嫌味がなく、友達や職場など贈る相手を選ばず渡せるのも良いですよね。

1000aki
一つでも満足できる大粒のトリュフ!コスパ重視で選ぶなら、モロゾフは2019年も要チェックですよ。
Morozoff モロゾフ トリュフアソートメント

2.

「Leonidas(レオニダス)」

View this post on Instagram

Leonidas Officialさん(@leonidas_chocolatier)がシェアした投稿

子供から大人まで幅広い年代に愛される、ベルギー王室御用達チョコレートブランド「Leonidas(レオニダス)」。

大粒で贅沢なチョコレートを一口食べれば、もう市販のチョコなんて食べたくなくなります(笑)

北海道から九州まで、日本にたくさんの店舗があり、聞き馴染み・食べ馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

Leonidas レオニダス オランジェット ピールショコラアソート

画像出典:http://www.leonidas-alex.jp/

その見た目から「おっ…!すごい!」となりそうなオランジェットが特におすすめ。レオニダスの中でも、日本で一番人気のチョコです。

オレンジの皮にビターチョコがコーティングされていて、ほんのり苦い味わい。甘いのが苦手な方でも美味しく食べられます。

コーヒーブレイクなどのタイミングで配ってくれたら、もうひと頑張り出来そうです!

1000aki
インパクト大の義理チョコを探している方は迷わずコレを!もらった皆が驚くこと間違いなし。そこから会話が生まれるかも!?
Leonidas レオニダス オランジェット ピールショコラアソート

3.

「Galler(ガレー)」

View this post on Instagram

Galler Japanさん(@galler_japan)がシェアした投稿

「Galler(ガレー)」は、21歳のジャン・ガレーによって1976年に設立されたベルギー王室御用達のブランド。

まるで宝石箱のように豪華な「ジュエリーボックスコレクション」や、今やバレンタインチョコの定番となっている「ミニバー」など、インスタ映えするチョコに定評があります。

ベルギーチョコレートの中でも比較的小粒で、口当たりも独特なんですよね。見た目も味も一味違います!

Galler ガレー MINI'S BARS ミニバー

画像出典:http://www.galler.jp

女友達や職場の女子仲間へ贈るバレンタインチョコをお探しなら、ミニバーがおすすめ。

チョコ単体のパッケージはカラフルで女の子らしさを感じるのですが、箱は黒という何だかオシャレで高級な雰囲気すら感じそうです。

少なくともそこらへんでテキトーに済ませた感は皆無!それぞれ包装されているのでその場で食べずに、好きなタイミングで食べることができるのもポイントが高いです。

1000aki
まるでコスメのようなチョコ。インスタ映え抜群です!プライベートを知らなくても、こうしたプレゼントをもらうと「普段もオシャレなのかな」と勝手に想像しちゃいます。
Galler ガレー MINI'S BARS ミニバー

4.

「Goncharoff(ゴンチャロフ)」

View this post on Instagram

ゴンチャロフ(公式)さん(@goncharoff_1923)がシェアした投稿

可愛さで勝負するなら、ゴンチャロフがおすすめ。圧倒的ゆるかわ。

大丸松坂屋百貨店とコラボした「プチデザートアラモード」は、あのマツコさんもテレビ(マツコ&有吉の怒り新党)で絶賛していましたよね!

ゴンチャロフ プチデザートアラモード

画像出典:http://www.daimaru-matsuzakaya.jp

これまた可愛い…。

普段厳しく頭の固そうなオジサン上司に是非「おひとついかがですかー?」と渡して欲しいですね。

お値段はちょっと高めですが、チームの女の子で出し合えばなんのその。堅物上司がどれを選ぶのか皆で予想するのも楽しそう!

1000aki
お子様へ贈るバレンタインチョコにもぴったりです。可愛すぎるからといって、写真の撮りすぎ注意!
ゴンチャロフ プチデザートアラモード