【2022】父の日ギフトに。実用的・センスのいいプレゼント集めました!_アイキャッチ

【口コミ】ビスタプリントの評判は本当?忖度なしに短所5つと長所8つをレビュー

【口コミ】ビスタプリントの評判は本当?忖度なしに短所5つと長所8つをレビュー_アイキャッチ

レビュー記事を執筆したメンバー

  • 小鳥

小鳥20’sモデル

2014年より札幌を拠点にフリーランスモデルとして活動中。ファッションショー/広告/CM/作品撮り/撮影会/MV/PV/TV/ラジオ/イベント主宰/MCなど。グラフィックデザイナーとしての一面も。

私も散々迷ったのですが、安さとクオリティが評判のビスタプリントに決めました。

結果、すごく良かった!周りにもおすすめしています♡。

きっと皆さんもビスタプリントの評判が本当なのか気になっていると思いますので、実際に注文して感じたビスタプリントのフォトブックの長所と短所をレビューします!

本記事について、PRや商品提供は一切受けておらず、出産記念と結婚記念を兼ねて自腹で注文して執筆しておりますので、リアルな口コミとして是非ご参考にしていただけますと幸いです。

今回レビューするのは「vistaprint スクエアL 21×21 」

商品名 フォトブック・スクエアLサイズ
価格 4,378円(税込)
内容量 24P
サイズ 21cm×21cm
用紙 半光沢マット紙

長所1:安い!コスパ最強の全種フルフラット製本

ビスタプリントのフォトブックは「横長タイプ(L)」「縦長タイプ(M/L)」「スクエアタイプ(L/XL)」の計5種から選べます。

しかも、どのブックタイプを選択してもフルフラット製本なんです!

ビスタプリント_フルフラット_見開き部分

フルフラットとは、180度しっかり開くことができるフォトブックのこと。

見開きいっぱいに写真や文字を配置することができるのが魅力です。

ダイナミックなレイアウトをするなら、やっぱりフラットなフォトブックにしたいですよね。

他社製品だと、フルフラットタイプを選択する場合の多くはオプションだったり、料金がグンと上がるので、このコスパでフルフラットが手に入るのは嬉しいポイント♡。

自社工場で製造しているということもあり、業界最安値級です。

送料無料なのも見逃せません。

少しでも安く、そして高品質なフォトブックを手に入れたい方におすすめ♪

長所2:2ページ毎の追加料金で分かりやすい!

ビスタプリントは、デフォルトが24ページで設定されており、24ページ~120ページのフォトブックの作成が可能です。

10ページの次は20ページ…といった増やし方でなく、2ページ毎に細かく追加できるのもビスタプリントを選んだ理由の一つです。

ビスタプリント_作成途中

作成しているうちに「この写真も入れたい!」「こんなページも欲しい!」と思ってしまうものだけれど、そんなときにも気軽にページ数を増やすことができます。

ページを余らせることなく必要な分追加できるのは嬉しいですよね。

そしてページ追加の料金がなんと、2ページ297円とリーズナブル

長所3:スマートアシスタント機能でラクラク作成できる

ビスタプリント_スマートアシスタント機能を試した写真
ビスタプリント_スマートアシスタント機能を試した写真2

フォトブック作成を検討するとき、いくつかの会社のサービスをお試しで利用してみましたが、ビスタプリントの「スマートアシスタント」という機能がめちゃくちゃ便利で驚きました。

どういう機能かというと、写真が入ったフォルダをアップロードするだけで、自動で分析して最適な写真を選択し、自動でレイアウトしてくれるというもの。

今回は本当にこだわって作りたかったので、こちらの機能を使用せずに作成しましたが、膨大な量の写真の中から選ぶ段階ですごく時間がかかり、骨の折れる作業に…。

この便利機能を使えば、迷うことなく少しの調整でフォトブックを完成させることができるので、時間がない方なら大助かりだと思います。

長所4:高品質で綺麗に仕上がる

公式サイトには「プロと同等のクオリティで写真集がつくれます」とあるものの、今回ビスタプリントを選んだ主な理由としては「安さ」だったので、正直なところ画質については大きな期待をしていませんでした。

ですがいい意味で、価格に見合わない画質の良さで大満足!

ビスタプリント_肌の質感が分かりやすい写真をレイアウトしたページ

よくある激安フォトブックに採用される粉体トナータイプとは違い、液体トナータイプを採用しているとのこと。自然で鮮やかな色彩で、質感が損なわれることなく印刷されている印象。

他の利用者の声としては「肌の発色が綺麗で人物メインのフォトブックとしておすすめ」との口コミもあり、被写体モデルとして活動している私も納得の仕上がりでした!

ビスタプリント_人物写真_近影

私の印象としては、元の写真と比べると黄みが少し強くなり、全体的に明るめに印刷されている感じがしました。

ビスタプリント_用紙の質感がわかりやすい写真

用紙は一般的な艶やピカっとした写真用紙とは異なり、半光沢紙ではあるもののマット感が強く、サラっとしていて柔らかい風合いです。

ビスタプリント_家族写真

人物写真では特に優しい雰囲気が出るので、家族やカップルの思い出のアルバムにぴったりだと思います♪

ビスタプリント_出産記念

出産記念のフォトブックを兼ねて注文したのですが、赤ちゃんの肌の風合いがすごく愛らしく出てくれて、バッチリでしたよ◎。

ビスタプリント_猫

猫ちゃんのディティールも鮮明。

ペットのフォトブックを作りたい方にもおすすめです。

長所5:表紙や本文ページの高級感が他社以上

ビスタプリント_ハードカバー_表紙

ビスタプリントのハードカバーは、他社のフォトブックサービスと比べて高級感が抜きん出ていると思います。

厚手のしっかりとした表紙で、本屋さんの写真集コーナーに並んでいても違和感がないクオリティ

ビスタプリント_用紙の厚みがわかりやすい写真

また、本文ページも用紙を貼り合わせた製本方式で紙に厚みがあり、とても贅沢な印象です。

なんでも、用紙の厚みが一般的なフォトブックの1.5~2倍だそうです。

何度も見返したくなる仕上がりで、耐久性に優れているのは有り難い♡。

長所6:1ページに何枚でも写真を掲載できる!

ビスタプリント_1ページに複数枚レイアウトしたページ

ビスタプリントのフォトブックの最大の魅力。それは「1ページあたりの写真枚数は実質無制限」ということ!すごくないですか…?

ビスタプリント_写真をたくさん詰め込んだフォトブック

学生時代の卒業アルバムのように、たくさんの写真を1枚のページに詰め込むことができます。アイデア無限大です!

「数百枚~1,000枚以上の写真を1冊にまとめたい」という方なら、もはやビスタプリント一択でしょう。

長所7:納期が早い

ビスタプリント注文画面_見積

1年分の写真の選定、レイアウトに膨大な時間をかけてしまったのですが、出来上がってしまえばあとは待つだけ。

ビスタプリント_届いたときの写真

私の場合、注文から1週間以内でフォトブックが手元に到着しました。

フォトブックや印刷物の納品は1週間以上~2週間くらいかかってしまうイメージだったので気長に待とうと思っていたのですが、届くのが早くて「何か届いたけど、何頼んでいたっけ…?」とすっとぼけそうになったほど(笑)。

大切な人へのプレゼントにしたり、記念の写真をフォトブックにするときはやっぱり早く手元に届いてほしい気持ちになりますよね♡。

気持ちが熱いうちに手にとってアルバムを開くことができるので、作成して燃え尽きることなくワクワク感が続きました

長所8:アプリで簡単!スマホで作成ができる

今回はパソコンで作成しましたが、ビスタプリントではスマホアプリから簡単に作成することもできます。

パソコンソフトに比べるとフォトブックのサイズが1種のみであったり、見開きでのダイナミック配置ができないなど制限はできてしまうものの、忙しい人やパソコン操作が苦手な人には隙間時間にいつでも手元にあるスマホで作成できるのは嬉しいですよね。

私もですが、スマホで写真を管理してる人が多いと思うんです。選びきれないほどの大量の写真をまずパソコンに移行して…というところで挫折してしまう人もいるかもしれません。

スマホでの作成なら写真の移行やアップロードの手間が省けます。とにかく時短で作成したい人にはスマホが便利♪

スマホでも先に書いたようにスマートアシスタント機能を使えばもっとラクラク作成が可能です!

短所1:少ないページで作成できない

ビスタプリントの長所として2ページずつの追加ができると書きましたが、最小構成が24ページから。

24ページより少ないフォトブックを作りたい人や、用意してある写真が少ない人には残念。

ページが余って写真が足りない!という自体に陥らないように、写真が少ない場合は事前にレイアウトをイメージしておく必要があります。

短所2:商品の種類が少なめ

ビスタプリントではハードカバーかつフルフラットのフォトブックのみの取り扱いです。

ソフトカバーで作りたい方は選択肢から外れてしまうと思います。

「ソフトでもいいから出来る限りリーズナブルに作成したい」と考えている方には割高になりますし、「そこまでしっかりしたものじゃなくていいのに…」と感じてしまうかもしれません。

短所3:専用ソフトの動作が少し重い

写真のアップロードでフリーズするようなことはなかったのですが、今回は1ページに大量の写真を配置したせいか、ソフトの動きが少し遅いように感じました

テキストの入力時、ソフトがタイピングに追いつかない場面も。少し不安だったのでこまめな保存を心がけて作成しました。

また、仕上がった後、注文画面になかなか進めずパニックになってしまいました…。電話で問い合わせると「時間をおいて試すように」との指示を受け、指示通り挑戦すると問題なく進めたので一安心。

短所4:配置作業が少し面倒

配置に関しては、ソフトの操作そのものは難しくなく、触っているうちにすぐに慣れるレベル。

ただ今回は配置する写真が多かったため、テキストを配置する際に「エリアからはみ出てしまいますよ」の注意を促すビックリマークが頻繁に表示されてしまいました。

ビスタプリント_文字

これはパソコン上では全く問題なくエリアに収まっていても、入力した文字に対してテキストボックスが大きく表示されてしまうのが原因のようです。

ということでテキストボックスの調整が面倒に感じてしまいました…。結局うまく微調整しきれず、注意を無視して注文したページもあったのですが、見切れてしまったり、かぶってしまうことなくパソコン上で確認したままの状態で印刷されたのでよしとします!

短所5:イラストや背景のデザインが派手で使いにくい

ビスタプリント_素材
ビスタプリント_絵文字

ビスタプリントで用意されているイラストや背景デザインは、写真が多い分、シンプルに仕上げたかった私の好みには合いませんでした。

”変な素材しかない”というわけではありません。色使いが派手なものが好きな方や、写真が少なくアクセントに大胆な背景を取り入れたい方向けの素材が多いと思います。

ビスタプリント_図形を使ってカスタマイズしたフォトブック

デザインにこだわりたい方は、図形などを使って自分でカスタマイズした背景をつくるなど工夫を凝らせば、ビスタプリントでも自分の理想のおしゃれに十分近づけることができるはず。

また、スマホアプリからだとデフォルトで使えるフォントは6種とあまり多くありません。こだわりがある方にはやはり、パソコンでの作業がおすすめです。

ビスタプリントのフォトブックはこんな人におすすめ!

  • フルフラットでフォトアルバムが作りたい人
  • ページ数の多いフォトブックが作りたい人
  • マット紙が好きで温かみのある風合いが好きな人
  • 作成時間があまり取れない忙しい人
  • 大胆なデザインが好きな人
  • 自宅用のフォトブックを検討している人
  • 早く手元に届いてほしい人
  • シンプルに写真だけを配置したい人

ハードカバー・フルフラット製本の高品質なフォトブックが作成できるのは、間違いなくビスタプリントだけ。

しかも今回私は、40%offクーポンを利用して2,600円ほどで購入できたんです…!ほんとに?間違ってない?と戸惑いました(笑)。

毎年一冊家族の写真を使ってアルバムにしたいと思っているので、このコスパなら主婦のお財布にも優しくて有り難い♡。

次はページ数を増やしてフルフラットを存分に活用したダイナミックなページも用意したいと思いました!

21×21cmのフォトブックは大きすぎず小さすぎず、何度も気軽に読み返したい人におすすめのサイズです。家族も喜んで手に取って見てくれましたよ◎。

ラッピングやギフトの対応はしていないのが残念ですが、親しい仲ならプレゼントとしても喜ばれると思います!

>>ビスタプリント公式サイトを見る

以上、【口コミ】ビスタプリントの評判は本当?忖度なしに短所5つと長所8つをレビューをお送りしました。
タイトルとURLをコピーしました