クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_アイキャッチ

クリスチャンポールのカスタム注文(ブレイクアウェイ)を試してみた!

【レビュー】Christian Paul(クリスチャンポール)のカスタム腕時計を徹底評価。ブレイクアウェイのオーダーの仕方から製品の状態まで詳しくレビューします。今回注文したのは、アルファ、ピーチのレザー、ピンクゴールドのバックルという組み合わせ。

この記事を監修したプレゼントセレクター



【徹底レビュー】クリスチャンポールのカスタム腕時計を注文してみた!

クリスチャンポール_注文したカスタム腕時計

先日、クリスチャンポールの人気のマーブルのモデルを別記事でレビューしました(詳しくはこちら)。

執筆当時から約半年が経過しましたが、なかなか使い勝手がよく、ガーリーな服装でお出かけするときに重宝しています。

今回ブランドより、「カスタム注文も試してみませんか?」とお話しをいただけ、特別に提供いただけることに。

ということでこの記事では、Christian Paulのブレイクアウェイについてレビューしていきたいと思います。

ico
はじめまして、プレゼントセレクターのicoです。

注文の仕方から製品の状態まで徹底的に評価していくので、購入予定の方は是非参考にしてください!

ブレイクアウェイ(カスタマイズ)とは?

Christian Paulのブレイクアウェイとは、文字盤、ストラップ(ベルト)、バックルを自由に選び、8,000通りの組み合わせからオリジナルウォッチをカスタマイズして注文できるサービス

既製品にはない自分好みの腕時計を購入できるのは有難いですよね。

また、クリスチャンポールの腕時計は簡単にストラップを外すことができ、購入後の着せ替えも可能です。

今回カスタマイズした腕時計がこちら!

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_今回注文したカスタマイズ

サイズ43mm
ヘッドアルファ-ホワイト ピンクゴールド
ベルトレザー(ステッチ入り)-ピーチ
バックルピンクゴールド
価格23,760円(レビュー時点)

今回私がオーダーした組み合わせの完成品が、上の写真の腕時計。

せっかくカスタムするなら他と被らないのがほしいと思い、インスタを徹底的にチェックして組み合わせを考えました(笑)。

テーマは「カッコ可愛い、海外テイストの腕時計」。想像どおり仕上がってくれたので大満足です。

Christian Paul_ブレイクアウェイ_商品写真

注文の流れに沿ってレビュー

それではさっそく、ブレイクアウェイの注文の流れに沿ってレビューしていきますね。

STEP0:サイズを選択(35mm or 43mm)

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_サイズ選択_0

クリスチャンポールのブレイクアウェイは、まず文字盤のサイズを選ぶことからスタート

現状、35mmと43mmの2つが用意されています。

今回私はビッグフェイスのクリスチャンポールを試したかったので、43mmを選びました。

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_35mmとの比較

△左が今回注文した43mm、右が前回レビューした35mm。

43mmは、35mmと比べると2まわりくらい大きなサイズ。ドーンと存在感があります。

カジュアルな印象が強く、フォーマルなシーンでの着用は難しいかもしれませんが、その分プライベートでは他と差がつきそう。

STEP1:文字盤(ヘッド)の種類を選択

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_文字盤選択_1

サイズが決まったら、お次は文字盤の種類を選びます。

35mmでは8種類、43mmでは9種類の文字盤から選択可能。

ちなみに、今回私が選んだ「アルファ」は、43mm限定のモデル。

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_文字盤アップ

アルファ文字盤の実物はこんな感じ。

ふちが1段盛り上がっていて、その盛り上がった箇所には、バー×ローマ数字のインデックスが打ってあります。

また、ブレイクアウェイの文字盤の中で唯一、日付表示も搭載。

想像していた通りの、クラシカル&中性的な雰囲気がおしゃれな文字盤でした。

STEP2:ベルトの種類を選択

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_ベルト選択_2

ベルトは、「レザー」「レザー(ステッチ入り)」「スエード」「メッシュ」「メタル」の5種類から選択可能で、それぞれカラーバリエーションも豊富。

今回は、少しガーリーな要素を追加したかったので、ステッチ入りのレザーを選び、カラーはピーチにしてみました。

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_ベルト

ファッションウォッチのストラップとしてはおなじみの、ジェニュインレザー(本革)のベルト。

前回レビューしたモデルはメッシュベルトだったため、はじめてクリスチャンポールのレザーベルトを手に取ったのですが、なかなかのこだわりを感じるベルトです。

かため&マットな質感。とはいえほどよくしなりもあるので、着けはずしに苦労することはありません。

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_ベルト外す金具

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_ベルト外したところ

ちなみにこのベルトは、接着部分の出っ張りを手で引いて外せます。

特別な工具などは必要ないので、誰でも簡単に着せ替えできるはず。

STEP3:バックルのカラーを選択

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_バックル選択_3

最後は、バックルのカラーを選択してブレイクアウェイ完了。

バックルは、文字盤のケースの色にあわせて選ぶと思うので、どの色にしようか迷うことはないと思います。

あえてちぐはぐな色を試してみるのもナシではないと思いますが…(笑)。

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_バックル

今回私は、ケースの色と同じピンクゴールドをチョイス。

「C.PAUL」の文字が刻印されています。

カスタムした腕時計の着用レビュー

クリスチャンポールのカスタム時計が到着して1週間後、ちょうどお散歩する機会があったので、お出かけ前に撮影してみました。

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_コーデ1

ビッグフェイスということでメンズに寄りすぎないよう、甘めのカラーのベルトを選んだのが正解だったかも。

ガーリーすぎずボーイッシュすぎず、絶妙なバランス感であわせやすい♡

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_着用_横から見た写真

△文字盤は大きめですが、横から見たときの厚みはスマート。ぼってりとした印象にならないのが◎。

クリスチャンポール_ブレイクアウェイ_コーデ2

しっかり存在感があるおかげで、シンプルファッションのいいアクセントにもなってくれますね。

自分好みに選んだので当たり前ですが、持っている服のほぼすべてに馴染む万能さでした(笑)。

ブレイクアウェイの醍醐味を存分に体感することができたと思います。

Christian Paul_ブレイクアウェイ_商品写真

>>公式ショップでブレイクアウェイを試してみる

クリスチャンポールのブレイクアウェイについて気になった点3つ

ここまでブレイクアウェイについてのいい点のみをお伝えしてきましたが、最後は気になった点3つをレビューしていきます。

1:サイズが2種類からしか選べない

クリスチャンポールのブレイクアウェイは、35mmと43mmのどちらかからしか選べません。

個人的には、もっと華奢な28mmなども選べたらいいなぁと思いました。シェル文字盤の28mmなんてあったら絶対可愛い…!

今後選べるサイズが増えることに期待したいですね。

2:既製のコレクションのほうが選べる文字盤は多い

「カリビアンドリーマー」など、ブレイクアウェイでは選べない文字盤が、既製のコレクションでラインナップされていることも。

これはおそらく、文字盤サイズが違うからという理由かと思われます。

3:新作に対応していない

今回、ブレイクアウェイの組み合わせをインスタチェックしながら考えていて、「コレかわいい!」と1番最初に気になった文字盤が新作でした。そしてブレイクアウェイでは選べませんでした…。

難しいのかもしれませんが、新作も自由にカスタマイズできたらもっと嬉しかったです。

(秋冬新作可愛いですよね!)

まとめ

クリスチャンポール_レビューした腕時計

今回実際に注文してみて、思っていた以上に注文がカンタンだったのと、カスタマイズ中に見れるプレビュー通りの商品が届くのがいいなと思いました。

文字盤やベルトなど、選べるバリエーションも豊富で、これだけあれば他と被るなんてことも少なそう。

クリスチャンポールの時計が気になっていた方は是非、ブレイクアウェイに挑戦してみてください!

Christian Paul_ブレイクアウェイ_商品写真

>>公式ショップでブレイクアウェイを試してみる

【関連記事】

以上、クリスチャンポールのカスタム注文(ブレイクアウェイ)を試してみた!をお送りしました。